上原浩治の引退理由の真相は?巨人移籍の場合の年俸と巨人コーチ転身の可能性も注目

FA となっている上原浩治選手は、メジャーでの移籍先が決まるのでしょうか。

それとも、このまま引退することになるのでしょうか。

記事のタイトルで、「引退理由」などと書くと、すでに現役を引退を表明したかのように思えてしまいますね。

紛らわしい表現でごめんなさい。m(_ _)m

ただ、筆者の(勝手な)視点からは、

上原選手がこのまま2018年のシーズン前に現役を引退してしまうのではないか、

と考えました。

今回は、筆者がそのように考えた理由について、あなたにシェアしたいと思います。

また、これまでの成績や年俸推移をまとめてみました。

引退後はどうするのかも気になりますよね。

可能性として考えられるのは、巨人のコーチに転身 という道です。

もし、筆者の予想が外れたら・・・その時は潔くゴメンナサイ。

スポンサードリンク

上原浩治の巨人・メジャーでの成績は?

巨人での成績は?

上原選手は、巨人で10年間投手として活躍しました。

成績は以下の通りです。

プロ1年目で20勝というのは素晴らしいですね。

# シーズン 勝敗 防御率
1 1999年 20勝4敗 2.09
2 2000年 9勝7敗 3.57
3 2001年 10勝7敗 4.02
4 2002年 17勝5敗 2.6
5 2003年 16勝5敗 3.17
6 2004年 13勝5敗 2.6
7 2005年 9勝12敗 3.31
8 2006年 8勝9敗 3.21
9 2007年 4勝32S 1.74
10 2008年 6勝1S 3.81

日本(巨人)における通算成績は、
112勝 62敗 33S 防御率3.01です。

メジャーリーグでの成績は?

# シーズン 勝敗 防御率 所属
11 2009年 2勝4敗 4.05 オリオールズ
12 2010年 1勝13S 2.86 オリオールズ
13 2011年 2勝3敗 2.35 オリオールズ
14 2012年 0勝1S 1.75 レンジャーズ
15 2013年 4勝21S 1.09 レッドソックス
16 2014年 6勝26S 2.52 レッドソックス
17 2015年 2勝25S 2.23 レッドソックス
18 2016年 2勝7S 3.45 レッドソックス
19 2017年 3勝4敗2S 3.98 カブス
20 2018年

2009年から2017年までメジャーの成績は、
20勝 24敗 93S 防御率2.53です。

最も印象に残っているのは、2013年のシーズンです。

この時、上原選手は38歳。

73試合に登板し、防御率は1.09という驚異の成績を残しています。

ワールドシリーズ制覇に大きく貢献し、リーグチャンピオンシップシリーズでは、MVPとなっています。

スポンサードリンク

上原浩治の年俸推移のグラフは?

上原選手の年俸の推移をまとめたのは以下の表です。

# シーズン 年俸 所属
1 ’99 1,300万円 読売ジャイアンツ
2 ’00 6,600万円 読売ジャイアンツ
3 ’01 7,600万円 読売ジャイアンツ
4 ’02 1億600万円 読売ジャイアンツ
5 ’03 2億1,000万円 読売ジャイアンツ
6 ’04 3億円 読売ジャイアンツ
7 ’05 3億5,000万円 読売ジャイアンツ
8 ’06 3億4,000万円 読売ジャイアンツ
9 ’07 3億1,000万円 読売ジャイアンツ
10 ’08 4億円 読売ジャイアンツ
11 ’09 6億円 オリオールズ
12 ’10 6億円 オリオールズ
13 ’11 5億円 レンジャーズ
14 ’12 5億円 レンジャーズ
15 ’13 5億円 レッドソックス
16 ’14 6億円 レッドソックス
17 ’15 10億円 レッドソックス
18 ’16 10億円 レッドソックス
19 ’17 7億円 カブス
20 ’18 ?? FA→??

年俸推移をグラフに表すと以下の通りです。

青は日本のプロ野球での年俸、赤はメジャーでの年俸です。

日本のプロ野球選手で1億円を超えると、すげーって思いますが、メジャーで活躍できると、年俸10億とか桁違いになるんですね・・・(゜o゜;

上原浩治の引退示唆が引退理由に?

シカゴカブスから FA となっている、上原浩治選手が引退を示唆したのは1月20日のことでした。

移籍先がまだ決まってないこの日の時点で、福島市内で野球教室を行いました。

この時、今季限りでの現役引退を示唆したというニュースがありました。

上原選手は地震の状況について、

  • メジャーの移籍先候補はいくつかある
  • しかし、まだ契約には至っていない
  • 移籍先が決まれば、90%以上の確率で(2018年シーズン後に)辞めるつもり
  • とにかく今年一年(現役をやりたい)

という趣旨の発言をしていたそうです。

筆者は、この時の発言が広い意味での”失言”ではなかったかと捉えました。

上原選手は4月に43歳となります。

上原選手にとって2018年のシーズンは、メジャー10年目、日米通算20年目のシーズンです。

プロの野球選手として

「節目の年で現役を引退したい」

という上原選手の気持ちは十分すぎるほど分かります。

しかし、契約を結んで高額の年俸を支払う

メジャーリーグの球団の立場で考えたら

どう捉えるでしょうか。

  • 選手がメジャーで10年目であること
  • 日米通算で20年間野球選手を続けること

ということは関心があることでしょうか。

もし筆者が、メジャーの球団のオーナーの立場であれば、2018年のシーズンで現役を引退すると明言している選手を積極的に採りたいかな・・・と考えてしまいました。

オーナーの立場であれば、今シーズンのみならず来シーズン以降も活躍できる若い選手を取りたいと思うのではないでしょうか。

2018年のシーズン前における FA 市場は、例年になく動きが鈍く、イチロー選手といった日本人メジャーリーガーのみならず、他の有力選手も移籍先決定していません。

※ダルビッシュ選手は、キャンプ直前にシカゴ・カブスへの移籍がきまりましたね。

こういう異常な状況という不運も重なっているのかもしれませんね。

今シーズンで引退となる選手に、喜んで昨シーズンと同じ7億円もの年俸を出す球団が現れるのか、ということですね。

引退後は巨人のコーチに?

上原選手は、引退後に巨人の投手コーチに転身するのではないか、とも言われています。

でも、その可能性は限りなく低いですね。

少なくも、高橋由伸さんが巨人の監督である期間は、ないといえます。

あなたはご存知でしたか?

上原浩治選手と高橋由伸さんは、生年月日が1975年4月3日と誕生日が全く一緒だということを。

上原選手は、高橋由伸さんに、とてつもないライバル心というか嫉妬心があることが明らかになっています。

嫉妬の理由ですか?

単純な話ですw。

上原選手は、2018年1月3日にフジテレビの番組「ビートたけしの私が嫉妬したスゴイ人」にVTR出演しました。

その際、高橋由伸さんについて上原選手は、

「野球が上手くてカッコいい…

一番ムカつくじゃないですか」

とカミングアウトしました(笑)

現役時代から同世代の女性に、キャーキャー騒がれていた、高橋さん。

一方で、上原選手への歓声は「オバちゃんと子供だけ」。

このことについて、

「いいなあ」

「ムカつく」

「悔しい」

とあからさまに本音を明かしていたのです。

引退後の巨人のコーチ転身についても、

  • アイツ(高橋由伸)に命令されたくないんで行きたくない
  • アイツのことを監督と呼びたくない

とハッキリ言っちゃってました。(笑)

なんか、上原選手の気持ちわかるわ~。

上原選手、人間味があって、とっても素敵だな~と筆者は思いました。

上原浩治は由伸巨人に電撃移籍?年俸は?(追記)

2月中にメジャーでの移籍先が決まらなかった上原選手の気持ちに、変化が出てきました。

メジャー契約できなければ引退するつもり(2017/12)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

日本の球団で『上原がほしい』と言ってくれる球団があるなら、そこで野球がしたいと思っています(2018/2)

出典:https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201802280000134.html?Page=1

気持ちが変化してきた背景には、こんなことがあるようです。

  • 正直、こんなふうになるとは思わなかった。
  • 3カ月近くしんどい練習を続けているうちに『俺はなんで練習してるんや』って。
  • やっぱり野球がやりたい。
  • 年齢的にも残りの野球人生は短い。
  • 最初は辞めていいと思っていたけど、期待してくれる球団があるなら、そこで燃え尽きたいという気持ちの方が強くなった

出典:https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201802280000134.html?Page=1

上原選手は、「4月まで行き先が決まらずに練習を続けるつもりはない」と断言しているようですので、期限を区切っているのですね。

もはや巨人の高橋由伸監督を「監督と呼びたくない」なんて言ってる場合じゃないです。

もし、日本のプロ野球の球団に電撃移籍ということになると、批判的なことを言う人もでてくるでしょう。

・・・でも、そんなことは全然気にしなくてもいいと筆者は考えます。

もし日本のプロ野球に復帰したら、年俸としてはガクンと下がってしまうことが予想されますが、ご本人が納得がいくカタチで現役生活を終えてもらいたいと思います。

まとめ

今回は、メジャーのFAで移籍先が依然として決まらない上原浩治選手について取り上げました。

巨人やメジャーで輝かしい成績を残しながらも、2018年前に現役を引退する可能性が高いと筆者はみました。

もちろん、個人的には、上原選手には、メジャーでの移籍先が見つかり有終の美を飾るシーズンとなってもらいたいです。ほんとに。

筆者の懸念が杞憂に終わることを期待します。

上原選手が現役を続けるのは最長でも今シーズン限りでしょうか。

引退後は、巨人の投手コーチの可能性もささやかれていますが、その線は限りなく低そうです。

少なくとも、ライバルの高橋由伸氏が巨人の監督である間はww

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする