ロサンゼルス(アナハイム)の天気(気温)は?服装選びの注意点も!

アメリカのロサンゼルスとその郊外のアナハイム。

  • ドジャースの前田健太選手(本拠地:ロサンゼルス)
  • エンゼルスの大谷翔平選手(本拠地:アナハイム)

の活躍で、今後益々多くの日本人が、「現地のスタジアムで応援したい!」と観戦に足を運ぶことでしょう。

あなたもそんな一人ではないでしょうかw。

ただ、初めて行く場合「一体どんな服装で行けばいいんだ?」と疑問に思いませんか

そこで今回は、以外と知られていないロサンゼルス(アナハイム)の天気や気温について調べてみました。

服装に関する注意点もありますので、最後までお読みください。

スポンサードリンク

ロサンゼルスの概要と地図(位置)を確認!

ロサンゼルス(Los Angeles)は、アメリカ合衆国のカリフォルニア州の都市で、国内で2番目に人口が多いです。

(ちなみに人口が一番多いのは、ファッションやエンターテインメントのトレンド、そして金融の街ニューヨークです。)

ロサンゼルスがあるカリファルニア州は、アメリカ西海岸の大半を占めています。

ロサンゼルスは、日本からは飛行機で約10時~12時間(※)です。

※往路と復路で時間は異なります。

  • 日本~ロサンゼルス: 約10時間
  • ロサンゼルス~日本: 約11時間~12時間

日本との時差は17時間、夏時間と呼ばれるサマータイムの期間では16時間です。

例えば、日本が午後22時のとき、ロサンゼルスでは午前5時、サマータイム時期のロサンゼルスでは午前6時というわけですね、

エンゼルス観戦に行く、具体的な予定を立ててみませんか。

ロサンゼルスの天気(気候)の特徴は?

ロサンゼルスの地理についてわかったところで、現地の天気や気温が気になります。

ロサンゼルス(アナハイム)の天候の一番の特徴は、年間の降水量が少ない、つまり雨がほとんど降らないことです。

これは、地中海性気候によるもので、ロサンゼルスの5月~8月は、

  • 平均日照時間:約13時間
  • 降水量(月間):1mm~8mm

と、気候にとても恵まれている都市と言えるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

ロサンゼルスと東京の降水量を比較!

ロサンゼルスと東京の降水量(月間)を調べてまとめてみると、その違いは一目瞭然です。

ロサンゼルス 東京
5月 8mm 137.8mm
6月 3mm 167.7mm
7月 1mm 153.5mm
8月 1mm 168.2mm
9月 6mm 209.9mm

さらにこの時期は、日照時間が1日の半分を占めているので、太陽の恩恵をたっぷり受けることができます。

ということは、暑いんじゃないの~?!と思いますよね。

ロサンゼルスと東京の平均気温を比較してみた

そこで次に、ロサンゼルスと東京の5月~8月の平均気温を調べてみました。

ロサンゼルス 東京
最高気温℃ 最低気温℃ 最高気温℃ 最低気温℃
5月 23 13 22 16
6月 25 15 24 20
7月 28 17 28 24
8月 28 16 30 25
9月 28 16 26 20

たしかに、ロサンゼルスの気温も高いですが、8月は東京のほうが高いです。

さらに、先述の地中海性気候によって湿度が低く、カラっとした晴天なので、日本のような蒸し暑さは感じられないでしょう。

ロサンゼルスが観光地としても人気が高い理由がわかりますね。

服装選びのポイント!注意点は?

ここまでをまとめると、ロサンゼルス(アナハイム)は、

  • ほとんど雨が降らない
  • 気温が高い日でも湿度は低い
  • サマータイムの時期は日照時間が長い

ということがわかりました。

なので、服装については、
「日本の初夏~夏のもの」
を準備していけば大丈夫でしょう。

ただ、1日の気温差が約10℃、日によっては寒い日もあるので、長袖や羽織れるものを用意するのを忘れずに!

日が沈んだ後は、気温が一気に下るので、防寒対策は必須です。

ナイトゲームを観戦に行かれる方は、ご注意ください!

また、湿度が低いと言っても、太陽は降り注いできますから、帽子など日よけになるものも用意しましょうね。

傘の出番はほとんどありませんが、雨具の準備があれば安心です。

まとめ

メジャーリーグにおける日本人選手の活躍もあり、観光地として注目のロサンゼルス。

ロサンゼルス、Los Angelesとは、スペイン語で「天使」を意味するのだとか。

出発前に現地の天気や気温をよくチェックして、服装や持ち物を準備したら、さあ、出かけましょう!

太陽の恵みいっぱいの楽園、ロサンゼルス!

※この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます。

写真も盛りだくさんなので、是非チェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする