メジャーリーグの日本人選手2018は?年俸ランキング(最新)を調査!

米国のメジャーリーグ(MLB)における日本人選手についてまとめてみたいと思います。

  • 昨年と同じチームで今シーズンを迎えるメジャーの選手
  • フリーエージェント(FA)となったメジャーの選手
  • 日本のプロ野球からFAでメジャーリーグに挑戦する選手

などいますが、2018年のシーズンをメジャーリーグで迎える可能性のある選手の一覧と(極力)最新の年俸をランキング形式でまとめてみました。

スポンサードリンク

メジャーリーグの日本人選手一覧2018!

まずは、2018年のシーズンでメジャーリーグに挑む選手の一覧を名前順に並べてみました。

イチロー選手やダルビッシュ選手などは、まだ移籍先が決まっていない状況ですが、2018年も引き続きメジャーでプレーすることを前提にしています。m(_ _)m

最大で12選手ですね。

選手名 所属チーム2017 所属チーム
2018
青木宣親 メッツ FA
イチロー マーリンズ FA
岩隈久志 (マリナーズ) (マリナーズ)
上原浩治 カブス FA
大谷翔平 エンゼルス エンゼルス
田澤純一 マーリンズ マーリンズ
田中将大 ヤンキース ヤンキース
ダルビッシュ有 ドジャース FA
前田健太 ドジャース ドジャース
牧田和久 西武 パドレス
平野佳寿 オリックス ダイヤモンドバックス
涌井秀章 ロッテ FA

※岩隈選手は、マリナーズ傘下のマイナーリーグです。

日本人選手の年俸ランキング!

(筆者で拾えた限りの)日本人メジャーリーガーの年俸をランキング形式でまとめてみました。

12位:大谷翔平選手(エンゼルス)

2018年のシーズンからメジャーリーグに挑戦する大谷翔平選手の年俸は、

54万5千ドル(日本円換算で、6,300万円ほど)です。

これは、メジャーリーグの最低年俸の水準です。

・・・大谷選手が、日本人メジャーリーガーの年俸ランキングで12人中12位というのは、なんとも意外な感じがしませんか。

日本ハムの時代、二刀流であんなにも活躍してきたのに・・・

こちらのDVDは、日本ハムで5年間活躍した二刀流の軌跡をDVD3枚組で発売しているものです。

名場面を収録しているものですから、是非確認してみてください!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大谷翔平 二刀流 ファイターズ・5年間の軌跡 [ 大谷翔平 ]
価格:7484円(税込、送料無料) (2018/2/24時点)

実力に相応しないと思われる年俸となった背景には、メジャーリーグ(MLB)とMLBの選手会との間の労使交渉の間で決まっている「25歳ルール」があります。

2018年は、二刀流旋風がメジャーリーグで吹き荒れることが期待されているのに・・・

これは、メジャーリーグの球団が、25歳未満の海外選手を獲得する場合、契約総額が年間約500万ドル(約5億5000万円)を上回ってはいけないというルールです。

大谷選手は、現在23歳ですから、このルールに当てはまってしまったというわけです。

たらればの話ですが、もしもこのルールがなければ、大谷選手の年俸は一気に何十億円とかに跳ね上がっていた可能性がありますね。

※この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます。

エンゼルスの日程2018は?大谷翔平の登板予定とグッズも調査!

大谷翔平の登板予定2018年4月は?エンゼルスの試合日程と対戦チームも!

エンゼルスのキャンプ地2018は?開幕戦までの日程や対戦相手も調査!

大谷翔平の登板予定(5月)は?エンゼルスの2018試合日程と対戦チームも!

大谷翔平の登板予定は?エンゼルスの開幕戦2018と4月以降の先発ローテを予想!

大谷翔平の筋肉(上半身や腹筋)の画像は?愛用プロテインのブランドも調査!

水原一平(大谷翔平の通訳)の結婚相手や画像は?経歴や実家の和食店も!

エンゼルスのスタメン2018は?打線と大谷翔平のDHでの打順を予想!

エンゼルスタジアムへのアクセスや座席表は?アナハイム観光のおすすめも!

大谷翔平の登板予定(6月)は?エンゼルスの2018試合日程と対戦チームも!

大谷翔平の登板予定(7月)は?エンゼルスの2018試合日程と対戦チームも!

大谷翔平の登板予定(8月)は?エンゼルスの2018試合日程と対戦チームも!

大谷翔平の登板予定(9月)は?エンゼルスの2018試合日程と対戦チームも!

11位: 牧田和久(パドレス)

パドレスへの移籍が決まったアンダースローの牧田選手の年俸についてはこちらをご確認くださいね。

牧田和久の成績や年俸は?球種や球速とアンダースローのメジャーでの可能性!

10位: イチロー(FA)

イチロー選手の昨シーズン(2017)における年俸は、

2百万ドル(日本円換算で、2.32億円ほど)です。

イチロー選手が、このランキングでこの位置にいるというのもなんとも不思議な気がします。

イチロー選手については、2017年においてマーリンズで活躍していましたが、FAとなり移籍先を探しています。

早く活躍できる場を見つけてもらいたいですね。

でももし移籍先がなくて「引退」なんてことになったら・・・・

サイン入りの写真集とかがプレミアム価格がつきそうですよね。

9位:涌井秀章(FA)

西武→ロッテと日本のプロ野球で活躍し、ワールドベースボールクラシック(WBC)でも活躍した涌井秀章投手。

31歳の今年メジャーリーグに挑戦します。

涌井選手の直近2017年の年俸は、2.5億円(ドル換算で2.16百万ドル)です。

ちなみに、涌井選手は千葉県出身で、嫁さんはモデルの押切もえさんです。(笑)

(1月27日追記)

涌井選手は、FA権を行使してメジャー移籍を目指していましたが、結局ロッテに残留することが明らかになりました。(1月26日)

その背景には、メジャーからのオファーを待ったものの、メジャー契約での提示がなかったことが背景にあるようです。

8位:平野佳寿(ダイヤモンドバックス)

オリックスで活躍していた平野投手は、2017年12月22日にアリゾナ・ダイヤモンドバックスと2年契約を結んだことを発表しました。

今年34歳となる平野選手は、メジャーリーグに挑戦します。

平野選手の2018年の年俸は、3百万ドル(日本円換算で3.48億円くらい)です。

活躍を期待しましょう。

7位:田澤純一 (マーリンズ)

マーリンズの田沢純一投手の直近(2017年)の年俸は、5百万ドル(日本円で5.8億円)です。

筆者の個人な印象では、田澤選手はダルビッシュ選手や田中将大選手といった著名な選手と比べると地味な印象があります。

でも、よくよく調べてみると田澤選手は2008年にアマチュア(新日本石油)からプロ野球を経ずにメジャーに挑戦しました。

2008年12月にボストン・レッドソックスと契約し、そこから2018年までメジャーリーグの第一線で活躍していることは凄いことですね。

6位:青木宣親 (FA)

青木宣親(のりちか)選手の直近2017年の年俸は、5百50万ドル(日本円換算で6.38億円ほど)です。

青木選手といえば、幾つもの球団を渡り歩いている印象があります。

これまでどんな球団に所属していたのかを調べてみました。

  • 2004-2011 東京ヤクルトスワローズ
  • 2012-2013 ミルウォーキー・ブルワーズ
  • 2014 カンザスシティ・ロイヤルズ
  • 2015 サンフランシスコ・ジャイアンツ
  • 2016 シアトル・マリナーズ
  • 2017-2017.07 ヒューストン・アストロズ
  • 2017.08 トロント・ブルージェイズ
  • 2017.09-10 ニューヨーク・メッツ

2017年の動き方は特に激しいですね。(゜o゜;

普通だったら緊張の糸が切れてしまうかもしれませんが、青木選手は常に準備を怠っていない印象があります。

2018年はどのチームでプレーすることになるのでしょうか。

ちなみに、青木選手の嫁さんは、元テレビ東京のアナウンサーの大竹佐知さんです。

スポンサードリンク

5位:上原浩治 (FA)

巨人のエースとして活躍した上原浩治投手。

上原選手の直近(2017)の年俸は、6百万ドル(日本円で6.96億円ほど)です。

所属していたチームは以下の通りです。

  • 1999-2008 読売ジャイアンツ
  • 2009-2011.07 ボルティモア・オリオールズ
  • 2011.07-2012 テキサス・レンジャーズ
  • 2013-2016 ボストン・レッドソックス
  • 2017- シカゴ・カブス

2018年の今年43歳となる上原選手。

現時点で所属するチームが決まっていません。

2018年のシーズンがどうなるのか、ほとんど話が入ってきませんね。

年齢的に「引退」を考える頃とささやかれるかもしれませんが、ご本人に意思がある限り頑張ってもらいたいですね。

4位:前田健太 (ドジャース)

広島のエースとして活躍した前田健太投手。

前田選手の直近(2017)の年俸は、7百90万ドル(日本円換算で9.16億円ほど)です。

昨シーズンに引き続き2018年のシーズンも、ロサンゼルス・ドジャースに所属します。

去年シーズン途中からチームメイトとなったダルビッシュがFAで動いたことによって、2018年のシーズンは前田選手の登板の機会が増えるかもしれませんね。

期待していいのではないでしょうか。

3位:ダルビッシュ有 (FA)

ダルビッシュ有投手の直近(2016)の年俸は、100万ドル(日本円換算で11.6億円)です。

※2月11日追記——-

ダルビッシュ選手の移籍先が決定したようです。

となると、2018年の年俸は・・・

こちらの記事でご確認くださいね。

ダルビッシュの移籍先がカブスの理由は?背番号や年俸とサイヤング賞の可能性も!

ダルビッシュの年俸推移のグラフは?2018の移籍先や移籍金を調査!

————–

ダルビッシュ選手の移籍先はどこになるのでしょうか。

候補として残っているのは以下の5チームと見られていました。

  1. レンジャーズ
  2. ヤンキース
  3. カブス
  4. ツインズ
  5. アストロズ

しかし、ダルビッシュ選手本人が、もう一つあるよとほのめかしたことで、可能性があるのは6チームです。

6チーム目はどこでしょうかね。

※この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます。

ダルビッシュ有の子供は何人?名前や画像と障害(病気)の噂を調査!

ダルビッシュの自主トレ2018のメンバーは藤浪(阪神)と誰?場所も調査!

ダルビッシュ有のプロテインのメーカーと飲み方は?回数やタイミングも調査!

ダルビッシュの年俸推移のグラフは?2018の移籍先や移籍金を調査!

2位:岩隈久志 (マリナーズ)

2018年のシーズンにおいて岩隈久志投手は、シアトル・マリナーズの参加のマイナーリーグでまずはプレーすることになります。

直近(2017)における岩隈久志選手の年俸は1,400百万ドル(日本円換算で16.24億円ほど)です。

マイナーリーグでありながら、年俸ランキングはなんと2位。

岩隈選手は、ケガに苦しんでいるようですね。

早くメジャーにあがってくる日を楽しみに待ちましょう。

1位: 田中将大 (ヤンキース)

そしてやっぱりニューヨークヤンキースの田中将大投手が1位でしたね。

田中将大選手の2018年における年俸は、2,200百万ドル(日本円換算で、25.52億円ほど)です。

他の選手と比べてもぶっちぎりの1位ですね。

2017年のシーズンは、途中乱調の時期がありましたが、今シーズンは開幕戦から飛ばしていってもらいたいですね。

7月のオールスターゲームにも期待したいところです。

あなたもヤンキースのレプリカのユニフォームを来て、

本場のメジャーリーグを見てみませんか?

まとめ

今回は、メジャーリーグの日本人2018についてまとめました。

年俸のランキングをまとめると以下のようになります。

大谷選手がどこまで浮上してくるのか楽しみですね。

# 選手名 所属2018 ドル換算 円換算 データ年
1 田中将大 ヤンキース $22.00mil 25.52億円 2018
2 岩隈久志 マリナーズ $14.00mil 16.24億円 2017
3 ダルビッシュ有 FA $10.00mil 11.60億円 2016
4 前田健太 ドジャース $7.90mil 9.16億円 2017
5 上原浩治 FA $6.00mil 6.96億円 2017
6 青木宣親 FA $5.50mil 6.38億円 2017
7 田澤純一 マーリンズ $5.00mil 5.80億円 2017
8 平野佳寿 ダイヤモンドバックス $3.00mil 3.48億円 2018
9 涌井秀章 FA $2.16mil 2.50億円 2017
10 イチロー FA $2.00mil 2.32億円 2017
11 牧田和久 パドレス $1.90mil 2.20億円 2018
12 大谷翔平 エンゼルス $0.55mil 0.63億円 2018

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする